そろそろ美白を考えるようになりました

アラフォー中年になったら美白ケアは徹底しよう

若い頃は海などで日焼けしても、シミは出来にくいですが中年ともなると、あまり日焼けしていないのにも関わらずシミやくすみに悩まれるようになります。
シミやくすみが起こる最大の要因は「紫外線」です。
紫外線を浴びると肌細胞を守ろうとして、メラニン色素が大量に生成されます。
メラニン色素が肌細胞に沈着すると、シミやくすみとなるのです。
ただ、若い時は肌のターンオーバーという機能が活発で、メラニン色素がたくさん作られたとしても古い角質と一緒に、すぐに体の外へと排出されてしまいます。
いくら日焼けしても子供の時にシミが出来ないのは、ターンオーバーの働きでメラニン色素がどんどん排出されているからなのです。
しかし、肌のターンオーバーは加齢と共に、機能は衰えてしまいます。
通常、ターンオーバーは28日周期と言われていますが、中年ともなると40日以上と長くなってしまうのです。
ターンオーバーでスムーズにメラニン色素が排出されなくなると、肌細胞にメラニン色素が沈着してしまい、シミやくすみとなってしまいます。
ですので、年齢を重ねても透明感のある美肌をキープするには、美白ケアは徹底して行いましょう。
中年、特にアラフォーになったら美白ケアを、丁寧に行う事がおすすめです。
まず紫外線を浴びてメラニン色素を作らせないよう、日焼け止めを塗るのは鉄則です。
日常生活の紫外線から肌を守るにはSPF30から35程度、PAは+++程度が肌への負担も軽いでしょう。
シミ・くすみを予防するには美白化粧品での、スキンケアも欠かせません。
美白化粧品はメラニン色素を薄くする効果以外にも、メラニン色素を作らせない効果も期待出来ます。
もし、濃いシミが消えないという場合は、美白治療を行うという方法もおすすめです。